スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリースがおかしい

昨日のベイスターズの試合は雨で流れました。

というわけで今日は最新の不具合情報をお届けします。

その不具合とは、対戦相手の投球時に投手がリリースのモーションのところで1~2秒ほど静止してから球を投げるというものです。

その際に投球された球が少し打者に近いところから急に出てくるので見極めが非常に困難になります。

リアルの野球では球持ちがいい投手というのは打ちにくいと言われますがまさにそんな感覚を味わえます。

面白い現象なんですが打ちにくいんで早く直して欲しいところです。
スポンサーサイト

メンテ後の不具合について

先週のメンテナンス以降も残っている不具合の中で私自身が確認したものについて書いてみます。

・流星群バグ
ピッチャーの1回の投球で複数回連続して球を投げているように見える。

・1度に2つボールカウント(ストライク・ボールのカウント)をカウントするバグ
ピッチャーの1回の投球で2つストライクを取られる、もしくは2つボールになる、もしくはストライクとボールを1つずつ取られる。

・1度に2つボールカウントをカウントするバグに付随するバグ
2ストライクの状態から一度に2つストライクを取られるとアウトカウントが増えないまま1ストライク0ボールの状態になったりする。また2アウト2ストライクから一度に2つストライクを取られると0アウト1ストライクの状態になったりする。

・バグスト
絶対にバットに届かないアウトコースのボール球がストライクと判定される。


これらは低スペックのパソコンを使っていたり、処理速度が正常でないときに起こるようです。

加速器を使って不正に処理速度を変えることによって故意に誘発させることも出来るようです。

これらのバグは同時に起こることが多いようです。

ひどいときには、流星群バグで大外に外れるボール球が2球行ったのを見逃した際に、バグストによりストライク判定、そして2つストライクを取られたりします。


旧システム時代(3月10日以前)にはこういうことは無かったので、投球に関しては旧システムに戻して欲しいです。

アップデート

昨日は3週間ぶりにメンテナンスがあり、ファミスタがアップデートされました。

2011y03m31d_221447515.jpg


発表されていた不具合は解消されたようです。

ただし、発表されていなかった不具合(バグスト、流星群バグ、ストライク判定のラグ、3バント失敗がアウトにならない等)があるらしくそれらがどうなったのかは未確認です。


凶悪だったオート守備の反応速度は遅くなったようです。

盗塁についてはそのままのようです。

おそらく新システムはまだ完全ではないでしょうから、今後も見ていきたいです。


LHカードが10枚追加されました。昨年カード化されていない選手もいくつか登場しています。

SP、PMが追加されました。各球団から2選手、殿堂が2選手です。


ナムコのSPが出ていない分、スロットで実在SPが当たりやすくなっています。

感覚としては1万FPにつき1枚くらいSPが出ました。

ただし通常のスロットではSPはWP55以下の選手しか当たらないようです。

高橋由SP、新井SP、石川SP、里崎SPなどが引けたので限定リーグではいい戦力になってくれそうです。
プロフィール

わほマン

Author:わほマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
相互リンク、随時募集中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。