スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接戦を制す!

ヤクルトとの3連戦の初戦。
試合は接戦となりましたが横浜が競り勝ちました!

東京ヤクルト  2 0 0 0 0 0 0 0 0  2
横浜       0 0 1 1 1 0 0 0 x   3


初回に先発吉見がいきなり2失点してしまいどうなるかと思いましたが、打線が頑張り逆転に成功します。

吉見も2回以降立ち直り6回途中まで投げます。以降木塚、真田、加藤、山口と無失点でつないで逃げ切りました。

注目なのは加藤が8回頭から登場し、イニングをまたいで9回の左のガイエルから1死取ったところで山口が出てきたところです。
加藤への信頼度が試合を経るたびに上がっています。
ただ今回の継投は加藤がガイエルを塁に出してから山口投入となると嫌な流れを作ってしまうので田代さんは一歩間違えれば非難を浴びかねない難しい継投をしたなあと思いました。
今後のリリーフ起用に注目です。

あと加藤は今年度ファミスタでカード化されていないのでそれにも期待しています。
スポンサーサイト

純正大会⑤

純正大会も佳境を迎える中、ナイスゲームがありました。

横浜対ロッテ2回戦
ちゃまさん

(解説)
こちらの先発は三浦、相手の先発は成瀬。2007年版の月間MVPの成瀬に扇が発動という珍しい成瀬でした。
試合は初回に仁志のソロHR、2回には吉村のソロHRとソロHR攻勢を仕掛けます。このまま勢いで押し切れればよかったのですが3回以降こちらの攻撃の手がパッタリ止まってしまいました。

守っては三浦が粘りのピッチングで6回まで1失点とよく抑えましたが、7回にスタミナを無理した(スタミナが切れてはいなかったがスタミナ切れを嫌って早めにしかける配球になりました)のが裏目に出てランナーを溜めてしまいます。7回から寺原投入で1失点におさえますが同点とされてしまいます。

双方譲らず延長に突入します。
10回表シコースキーを相手に佐伯が四球を選び、吉村が初球の落ちないフォークを叩き2ランとし勝ちこしました。

このままいけるかと思われたんですが甘くなかったです。
この回抑えれば勝てる10回裏、寺原がランナーを溜めたところでスタミナ切れを起こしてしまいます。
ここまで3セーブあげている加藤をあげて逃げ切りをはかったのですが満塁から2番福浦に同点2点タイムリーを打たれてしまいます。
1アウト1,3塁で3番ベニーにサヨナラ犠牲フライを打たれてゲームセットとなりました。


この試合対照的だったのは両チームの継投でした。

こちらは
三浦ー寺原ー加藤
とエースの三浦とリリーフエース寺原に頼りきった継投。

一方ロッテは
成瀬ー松本ー橋本ー根本ーシコースキー
と小刻み継投。

結果こちらの継投には無理があり、配球面などで影響してしまい無駄なランナーを出してしまい最終的には失点につながってしまいました。好投三浦をあえて早めに降ろして寺原との間に1投手挟むなどすればもう少し戦いやすかったかもしれません。接戦の継投は本当に難しいと改めて感じさせられた試合でした。

劇的サヨナラ負け。

勝利目前のところまでいったのですが、残念すぎる敗戦となってしまいました。

横浜 0 1 0 0 1 0 0 0 0  2
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 3x  3

2回に下園のバックスクリーンへのHRで先制。5回に村田のタイムリーで追加点。

守ってはマストニーが6回まで無失点。7回にマストニーが連続ヒットでランナーを出すも木塚が乗り切ります。8回は加藤が新井、金本、ブラゼルのクリンナップを三者凡退に切って取りました。

しかし甲子園には魔物が住んでいました。9回に山口がつかまりまさかのサヨナラ負けとなってしまいました。今の横浜では山口で負けたのなら仕方ないのですが悔しい敗戦でした。

好材料はオリックスから来た加藤がいい投球をしていることです。
4試合を投げていまのところ無失点。投手不足の横浜にとっては救世主となりそうです。
プロフィール

わほマン

Author:わほマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
相互リンク、随時募集中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。