スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライクゾーン内の駆け引きについて

記事を読む前に左側にあります「お知らせ」をよろしくお願いします。

今日はストライクゾーン内の駆け引きについて書いてみます。

最初にSSです。

ストライク内1


前でのバッティング(1の位置)は球の変化の幅が小さいですが、左右どちらに曲がるのかの見極めが難しくなります。見極めが出来ていないと空振りや芯を外した凡打が多くなります。

後ろでのバッティング(2の位置)は球の変化の幅が大きくなりますが、左右どちらに曲がるかの見極めは容易になります。速球を右隅と左隅に投げ分けられると、後列で球を見てから動いても移動が間に合わないことがあります。(以前の記事で打席内の移動速度のことを書いたときに少し触れました)

投手側は前列のバッティングの特徴と後列のバッティングの特徴を把握し、相手のバッティングスタイルに応じた投球をすることが重要になってきます。これに対してバッターは打席内を前後に動くことでピッチャーの読みを回避することができます。
スポンサーサイト

新システムの引っ張り打ちに感じること

記事を読む前に左側にあります「お知らせ」をよろしくお願いします。

新システムでは正確にバットの芯で捉えないと飛距離が出ません。

勘打ちなら正確にコースを読むことが重要になってきます。そしてコースが読みきれるとき以外は引っ張り打ちを使わない方が無難だと感じます。やたらめったら引っ張り打ちを使うよりも流し打ちと併用したりしながら打てる球を呼び込んで1球で仕留めるというスタイルが有効と感じます。現在早いカウントから打ちにいって芯を外してるのが多い状況なので、打ちやすいカウントを作るのが重要と感じます。
  
ストライクゾーン内への投球に対しても捨てるコースを作り、1点で待って狙い打ちをするのも有効と感じます。勘打ちは何も見ないでコースを予測し(緩急にだけはかろうじて対応できる)ストライクがくるときにコースを予測して振る打ち方です。これはストライクゾーン内の球全てに手を出してしまうために対応しきれないということになり、結果当てるだけのバッティングになりがち(芯で捉える精度が落ちる)な感じがします。

見極めでホームランを打つのも難しくなりました。捉えたと思ったはずが芯を外しての凡打が多く、打率が落ちてしまうと感じます。芯をボール1個分ほど外れてることが多く、打った瞬間にスタンドまで届かないと感じるケースが多いです。

旧システムでは引っ張り打ちは多少芯を外しても飛距離があまり落ちずスタンドインすることが多かったので、これにはもどかしさを感じます。旧システムのようにタイミングだけ合わせればホームランというようにはいかないです。

また完璧に芯で捉えたと感じる打球も旧システムと比べるとうまく上がらないことが多々あり(ゴロやライナーになってしまう)、これはバッターのミート値が関係しているようです。

見極め引っ張り打ちは投球の初動を見てスイングしますが、初動からコースを予測して最終的には勘打ちになります。手元のボール変化を見てからの振り出した場合、流し打ちのタイミングでバットが出ることになるので、最後までボールを見極めて引っ張ることは出来ません。そのため見極め引っ張り打ちと言っても勘に頼っている部分が多いです。(例えば外角二度曲げでボールからストライクになる球がストライクゾーンに戻ってくるのを見てから振り出しても流し打ちになります。この球を引っ張り打ちで打つということは二度曲げを予測してバットを振る勘打ちということになります)


新システムになってからまだしっくり来ていない部分が多く、バッティングスタイルを現在模索中です。今回の記事は試合をしていて感じたことなどを雑多に書いたのでまとまりのない内容になってしまいました。今後試合をこなすことでもう少し練れてくると思います。

引っ張り打ちの仕組みと対策について

記事を読む前に左側にあります「お知らせ」をよろしくお願いします。

引っ張り打ちの仕組みとその対策についてです。

引っ張り打ちは

・前に出るほどミートできるコースが増えるので出来るだけ打席の前に立ちたい
・バットが引っ張りの位置に出てくるまで流し打ちより時間がかかる
・ボールを体の前で捉えないといけない

という条件により、バットの振り出しは早いタイミングになり、その分見極めが疎かになるところに引っ張り打ちの弱点があります。

見極めを捨てて勘でスイングするスタイルがあります。この場合は引っ張り打ちの短所を諦め、長所を伸ばすようなバッティングスタイルです。このようなスタイルを抑えるには、ストライクが狙われているのでバッターの読みを外すのが対策になります。

後列で見極めるスタイルの引っ張り打ちもあります。これは一般の人が流し打ちをする感覚で引っ張り打ちをするようなバッティングスタイルです。このバッティングスタイルは流し打ちよりも反射神経の良さが要求されます。このようなスタイルを抑えるには反射神経がついていけないほどの速球と、そこにフォークを織り交ぜた緩急が対策になります。球速が速過ぎると反射神経が追いつかず引っ張り打ちでは対応しきれなくなり、流し打ちにせざるをえなくなります。(流し打ちの方が結果を出せるので流し打ちにバッティングを切り替えるということです。)

この見極めを捨てた引っ張り打ちと見極める引っ張り打ちの両方を使う人も多く、相手が今どちらのスイングをしているのか把握することも重要です。
プロフィール

わほマン

Author:わほマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
相互リンク、随時募集中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。