スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試合してます

新システムになってからけっこう試合しましたので考察してみます。


内外角のストライクの判定についてです。

ざっくりと言ってしまうと、ホームプレートの外側から内側に入ってくる球がストライクになりにくくなりました。

プレート真ん中から二度曲げ無しで投げる分には今までと変わらない感覚です。

いわゆる外角二度曲げ(利き手側のプレート端に立って二度曲げでホームベースをかすめてストライクをとる投球)ができなくなりました。この投法でストライクを取るには、かなりホームベースの内側まで球を入れないとストライクになりません。たまに使って相手の不意をつくことはできても、この球ばかり投げて抑えるのは難しくなりました。

横手投げの投手が利き手側のプレート端に立って真っ直ぐ(左右入力無し)を投げるとボールに判定されるようになりました。

元々横手投げ投手の性質として球の出どころが上手投げよりも若干利き手側寄りで、真っ直ぐを投げても若干スライダー方向に流れる性質がありました。これをプレート外角に立って投げると外角二度曲げのように外から入ってくる球と判定されてボールに判定されます。この球は普通に打たれてしまう球なので、これをボール判定されてしまうのはちょっとかわいそうです。

また、横手投げの球筋が若干スライダー方向に流れる性質を利用して、横手投げ投手の外角二度曲げでホームベースをかすめる投球がこれまで強かったのですが、これがボール判定されるようになったのは大きな改善点です。

下手投げの投手がプレート真ん中から利き手側のホームプレートをかすめる投球がボールに判定されるようになりました。下手投げは他とはちょっと性質が異なるためどうしてこうなるのかはちょっと分かりません。しかもこれはうまく投げればストライクになることもあるようなのですが、コントロールが難しく甘くなると痛打されやすいです。

おまけとして、上手投げ投手がプレート最外角に立って落ちないフォークボールを投げるとボールになります。今は違いますが横手投げ投手の場合はストライクになりました。よく分からない現象です。



インコースへのボール球が死球になりにくくなったことについてです。

死球になりにくくなったものの当たりに行くとまだまだ死球になりますので要注意です。

打者の背中を通る球が死球になりにくいような気がします。

今までよりも打者の体が少し細くなったということなんでしょうか。



内外野守備シフトについてです。

バントに対して、バントシフトはかなり有効です。

反面、バントシフトのときにヒッティングされるとヒットが出やすくなります。

バントシフトは打者側からは見えず、相手には普通守備のように表示されます。

ただしバントシフトに変更する際にはシフトを一巡させなければならないのでその動きが相手に見えます。

守備側はバントの可能性のある打者に対しては守備シフトを一巡させることでバントシフトの可能性があるように見せることができます。

攻撃側は守備シフトの一巡がなければ相手はバントシフトを敷いていないことが分かります。



システムが変わったときにそれに対応するには、自分でいろいろ試してみることと、他の人のプレーを見ることが重要です。

まだまだ見逃しているポイントが沢山あると思うので、皆さんもぜひ見つけてみてください。
スポンサーサイト

外角および内角のストライク判定を調整

外角および内角のストライク判定の調整がありました。

外角二度曲げの弱体化のためにストライク判定を厳しくしたということですかね。

ストライクゾーン内での駆け引きが主体になるのでしょうか。

釣り球の追加はこのための布石だったのですね。

二度曲げの球威低下に加えて、ストライクゾーンが狭いとなると二度曲げのメリットが少なくなります。

二度曲げ無しでやってきた人には良いアップデートになるかもしれないです。



右投手対左投手、左投手対右投手の外角二度曲げのストレスが無くなればストレスはかなり減るのではないでしょうか。

運営がそのあたりへの対策の動きを見せているのはすごく良いことだと思います。

まだあまり試合できていませんが、週末に試合してまた詳しく書けたらいいなと思います。

大きなバランス調整なのでメンテのたびにこっそり仕様が変更されることが多々あります。

注視していきたいところです。

試合システム改修について

試合システムが改修してから、いくらか試合できたので考察をしていきたいと思います。



①釣り球について

打つとほぼ凡フライになります。打球角度が上がり、パワーがかなり減少するようです。

ポテンヒットになることもけっこうあります。特にファーストとサードの後ろにもよく飛ぶので、そこの守備の重要度が増したと思います。

ミートやパワーが高いバッターの場合はHRもあるらしいですが、釣り球を打たせてHRだったら運が悪かったと諦めるしかないでしょう。

バッターの対応方法としては素直に見逃すのがいいと思います。

標準的な球速の場合、引っ張ろうとすると見逃すのが難しいです。

流し打ちだと見逃すことができます。

多投するとバッターは引っ張りを使いにくくなります。

球速が速くなるとバッターは釣られやすくなるので球速の重要性が増しました。

使い方としてはフォークボールに近いようなところがあると感じました。

釣り球は100%ボールになる、バッターに打たせるか空振りを狙う、球速が速いです。

フォークボールは落ちるかどうか分からない、空振りか見逃しストライクを狙う、球速が遅いです。

釣り球とフォークボール、似てる部分と全く違う部分があるのでうまく配球に組み込んでいきたいところです。

パワーの減少量などは告知なく変更される場合があるので今後も動向を見たいところです。



②内外野守備シフトについて

アップデートでバントシフトが相手に見えなくなりシステムとしての完成度は高いと思います。

しっかり使うと試合のテンポが悪くなります。

とりあえず鈍足パワー打者に対して内野手は下がっておけば間違いないと思います。



③バスターについて

バントの構えから打つとミートが上がってパワーが下がります。

発動のタイミングがけっこうシビアでした。

使おうとして空ぶったり、タイミングがずれたりすると本末転倒になってしまいます。

そもそもパワーを下げてまでミートを上げたい状況というのがあまりないです。



④デッドボールの範囲の変更

内角に厳しく投げることができるようになり投球のバリエーションが広がってかなり良いと思います。
プロフィール

わほマン

Author:わほマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
相互リンク、随時募集中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。