FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気が付いたこと

私は今日まで、人々を支配する悪しき力を廃絶したいと考えていました。

共産主義革命によってそれが達成される日が来ると信じた日もありましたが、結局は共産党の指導者が人々を支配することに気が付きました。

人々を支配する悪しき力から我々を解放する唯一の方法とは、我々一人ひとりが人々を支配しようとする悪しき力を廃絶するという意識を持つこと以外にはありません。そして、全ての人が誠実に、禁欲的に、慈悲の心を持って、勤勉に、一切の身分の上下を排して、資本の偏在を否定し、朝から晩までくたくたになるまで、自分の為すべきことを為すのです。つまり、自分の為に働いたらフリーランス、会社の為に働いたらサラリーマン、マルクス的共産主義の為に働いたら正義の人なのです。

万人が正義の人になる日が訪れるまでは、世界を牛耳る支配者を倒したところでまた新たな支配者が現れるに決まっているのです。

私は人からも思想からもお金からも悩みからも一切の支配を受けたくないですし、そのために誰かを支配しようとも思いません。社会が用意してくれた枠組みの中で勝負をするだけです。この枠組みは支配者が作ったとも言えるし、我々が作り出しているとも言えます。

私は、私自身の幸福と、私の視界に入る狭い世界の幸福だけを目指します。そして私自身の幸福のために目に見える世界をもっともっと狭めていく必要があるということに気が付きました。

私は歴史上の革命家を尊敬し、敬愛しますが、私自身が革命家になることは出来ないと悟りました。なぜなら私は薄情で、勇気が無く、惨めな、弱い人間だからです。つまり、世の悪を正すほどの力を持ち合わせていません。

そして、私は今の支配者の用意した枠の中でも十分に恵まれているのです。だからわざわざ支配者を倒す為の革命に賛成する理由もないのかなというのが今の私の考えです。


(追記)
陰謀論を語るのは、中学生が無限大の夢を語るようなもので、大の大人が真面目に語っていると頭大丈夫かと心配されたりすることがあります。私もそのことは重々に承知しているので、実名の現実社会ではなく、匿名のインターネット世界において語らせていただいています。

僕が語りたいのは無根拠な妄想ではありません。歴史上に起きた全ての出来事には何らかの意図があるはずです。そして、その解釈の仕方は教科書だけが全てではないということです。でも大人になってサラリーマンとして生きていくということは教科書を盲目的に信仰するということなのです。

僕は現実社会では大人です。でも大人になりきれていないからこのブログで日々足掻いているのです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わほマン

Author:わほマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
相互リンク、随時募集中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。