スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特攻隊、自爆テロ、仏テロについて考える

今日も書きたいことがあるので書いていきます。


世の中で起こる全ての出来事は利己主義と利他主義で分類出来ることに気が付きました。

いくつか事例を挙げて分析、検証してみようと思います。


まず特攻隊についてです。

特攻隊は戦争の中において行なわれる自爆行為です。

これは利己主義に根差した利他主義的行動だと思います。

利他主義が、利己主義を超越して、死の恐怖を乗り越えた状態と言えます。


次に自爆テロについてです。

自爆テロは、平和の中において行われる自爆行為です。

自分以外の何かのために行う自爆テロは、利己主義に根差した利他主義的行動だと思います。

これも利他主義が、利己主義を超越して、死の恐怖を乗り越えた状態と言えます。


一方で、銃乱射事件や通り魔事件などは、完全なる利己主義的行動と言えると思います。

これらは利己主義が暴走して起こる自爆行為と言えます。

利己主義が死の恐怖を超越したとも言えると思います。


以上を分析すると、利己主義が暴走した自爆行為と、利他主義が死の恐怖を乗り越えた状態というのは、誰のための行動かということこそ違うものの、自ら死へと向かうという点においては似通った精神状態と言えます。


銃乱射事件や通り魔事件は、死んだも同然の自分を弔う敵討ちのようなものです。

一方で自爆テロや特攻隊は、仲間のために行う敵討ちのようなものです。

敵討ちというのは時にものすごく大きなパワーを生み出します。

例えば、かの偉大な福沢諭吉の原動力は父親の敵討ちでした。

世界で起こる戦争の全ては敵討ちの精神に根差していると思います。

世界の中枢にいる人たちの根本原理に世界平和ではなく、敵討ちの精神が強く存在しているような気がするのです。

この敵討ちの精神と、人間の本能に根差したエゴイズムが結びついて、世界の平和を脅かしています。

この憎しみの連鎖を断ち切れる日は来るのでしょうか。

僕ら新世代は親世代の敵討ちをやめて仲良くすることはできないのでしょうか。

結局憎しみのスタート地点は親世代が殺し合ったところにあるのです。

新世代の僕らがお互いにそのことを水に流せば世界平和が実現するような気がするのです。

あとは自分が世界で一番優れているはずだという、優生思想もかなり世界の平和を脅かしていると思います。


話変わって、フランスで起きたマスコミを狙ったイスラム原理主義者のテロについてです。

ムスリムはアラー、ムハンマド、コーランを自分よりも何よりも大切にするので、その尊厳を奪ってはいけません。

そういったことをすると、彼らは尊厳を奪った人の最も大切にしているはずのその人の命を奪いに来るわけです。

彼らにとっては、自分らの命よりも、アラー、ムハンマド、コーランが大切なのです。

今回のフランスで起こった悲劇は、言論の自由を掲げて、ムスリムの尊厳を奪ったことが原因だと思います。

お互いの大切にしているものを尊重し合っていくことが最も尊いことなんじゃないでしょうか。

言論の自由を掲げて、言葉の暴力によって人を傷付けてはいけません。

お互いに尊重し合っていくと、最後には何も言えなくなりそうです。

ペンは剣よりも強しと言いますが、粘り強い説得でもって、ペンで世界を導くのです。

マスコミというのは最も愛と勇気とモラルが要求される業種の1つだと私は思います。

だから、誰かからお金を貰っている御用マスコミの書く記事に情報以上の価値はないと私は思います。

その情報も偏って選択されたうえで提供されているのです。

その点、池上彰さんなどは公平中立な立場から世の中を良い方向に導こうとしているように見えるので、僕は尊敬ししています。


ところで日本のマスコミの風刺と言えば、自虐ネタばっかりです。

これは世界から恨みを買うことはなくても、日本人の尊厳を傷つけるので僕はうんざりしています。

自虐ネタばっかり言う人がいますが、あれも節度を持ってやらないと、だんだんとこっちも気分が悪くなってきちゃうんですよね。

尊大な人は鼻持ちならないですが、卑屈な人も良くないです。

一番大切なのは和をもって貴しとなすことです。全ての人が対等になるのが理想状態です。

つまり、あなたがちょっと秀でているときには自虐ネタを少し織り交ぜると人間関係のバランスが取れるということです。

劣っているはずの僕が、自虐ネタを言ったのでは、卑屈に見えて、皆様の気分を害してしまうということです。

私は本当に無知なのです。これを無知の知と言います。


僕は、とにかく、全ての戦争や、争いや、いざこざを無くしたいんです。

そのために真実を見抜く目を常に磨いていきたいと思っています。

そして現実を良くすることに自分の力を使っていきたいです。

前の記事にも書きましたが、私の命と引き換えに人類が救われるのなら、私は喜んでこの命を差し出します。

そしてこの記事を読んでくださったあなたに、私のこの魂に共鳴して欲しいのです。


魔法少女まどか☆マギカ OPコネクト
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

僕も池上さんの解説は好きですね。
コンビニとかに並べて置かれている一般紙を見てみるとホントに恐ろしいぐらい1面の内容が違っていて面白いです。
完全にその新聞社の思想が入ってるのがわかります。
新聞は死んでも取らないと決めました。
まだTVのニュースの方がマシな気がします...
プロフィール

わほマン

Author:わほマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
相互リンク、随時募集中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。