FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試合システム改修について

試合システムが改修してから、いくらか試合できたので考察をしていきたいと思います。



①釣り球について

打つとほぼ凡フライになります。打球角度が上がり、パワーがかなり減少するようです。

ポテンヒットになることもけっこうあります。特にファーストとサードの後ろにもよく飛ぶので、そこの守備の重要度が増したと思います。

ミートやパワーが高いバッターの場合はHRもあるらしいですが、釣り球を打たせてHRだったら運が悪かったと諦めるしかないでしょう。

バッターの対応方法としては素直に見逃すのがいいと思います。

標準的な球速の場合、引っ張ろうとすると見逃すのが難しいです。

流し打ちだと見逃すことができます。

多投するとバッターは引っ張りを使いにくくなります。

球速が速くなるとバッターは釣られやすくなるので球速の重要性が増しました。

使い方としてはフォークボールに近いようなところがあると感じました。

釣り球は100%ボールになる、バッターに打たせるか空振りを狙う、球速が速いです。

フォークボールは落ちるかどうか分からない、空振りか見逃しストライクを狙う、球速が遅いです。

釣り球とフォークボール、似てる部分と全く違う部分があるのでうまく配球に組み込んでいきたいところです。

パワーの減少量などは告知なく変更される場合があるので今後も動向を見たいところです。



②内外野守備シフトについて

アップデートでバントシフトが相手に見えなくなりシステムとしての完成度は高いと思います。

しっかり使うと試合のテンポが悪くなります。

とりあえず鈍足パワー打者に対して内野手は下がっておけば間違いないと思います。



③バスターについて

バントの構えから打つとミートが上がってパワーが下がります。

発動のタイミングがけっこうシビアでした。

使おうとして空ぶったり、タイミングがずれたりすると本末転倒になってしまいます。

そもそもパワーを下げてまでミートを上げたい状況というのがあまりないです。



④デッドボールの範囲の変更

内角に厳しく投げることができるようになり投球のバリエーションが広がってかなり良いと思います。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

釣り球は最前列ブンブンや内角開いて全部振るみたいな
勘打ちに非常に有効かと思います。
シフトは…めんどくさいw

No title

色々かわったんですね
個人的には死球が嫌いで内角主体の投球の為、範囲の変更は大歓迎ですが・・・・後はやってみないとw
プロフィール

わほマン

Author:わほマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
相互リンク、随時募集中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。