FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももクロ考察

以前書いて面白かったので、ももクロメンバーの考察をもう少し発展させて再度していきたいと思います。完全に独断と偏見で書いておりますので僕の妄言だと思って聞き流していただいてけっこうです。

そして、もしよろしければ、本当っぽいところ、ウソっぽいところを指摘していただけたら嬉しいです。そうすれば僕はこの世界の真実にもっと近づけます。

まず、ももクロの赤と緑についてです。この2人は同じカテゴリーに入る人たちです。ももクロのセンターになることを1番の目標にしています。実際には赤がセンターで、緑は横です。考えられる理由は、赤の方が意地っ張り、負けず嫌い、度胸がある、他メンバーからの信頼や人望が赤の方が上(赤の方が徳が高い、リーダーシップが取れる)、ファンの後ろ盾がある、プロデューサーの後ろ盾がある、その他のコネクションの後ろ盾がある、緑の方が後発メンバーであることなどが考えられると思います。

僕が思うには緑も意地、負けず嫌い、度胸では負けていないと思います。もしくは赤よりも上かもしれません。しかし他の要因においてどうしても赤に勝つことが出来ず、センターが取れていないのだと思います。

一方で緑の歌やパフォーマンスはももクロの中では抜群だと思います。緑の方が単体のアイドルとしては赤より優れているようにも思います。それでもセンターになれないのは面白いものですね。そういったどうにもならないことを受け入れて前向きに生きているところが緑の魅力だと思います。なんとなくすねた雰囲気を感じさせるのもかわいらしくていいですね。

対して赤の魅力はなんといっても勝利の栄光に包まれた輝きを放っているところだと思います。やっぱり強さに対して憧れる人は多いと思います。

次に、黄色です。黄色は特にセンターを取りたい訳ではなく、任されたらセンターをやってもいいくらいに考えてる人です。いろいろと面倒くさいからセンターをすすんでやりたいとは思わないだけです。でもセンターを任せたら赤や緑に負けない、もしくはそれ以上のポテンシャルを持っていると思います。ももクロのセンターをとることよりも総合的に人生を楽しむことに重きをおいているタイプです。ももクロでは1番頭が良くて、腹黒い?です。行動の全てが理性で制御されていますが、制御が外れるととんでもないことでも平気でしでかすところがあります。そしてその制御を外すのも理性です。自分は黄色に最もシンパシーを感じます。僕はももクロの中では黄色が1番好きです。Wikipediaによると、AKB48のまゆゆに憧れてるらしいので今後更なる魅力が発揮されるような気がしています。何を隠そう僕もAKBではまゆゆが1番好きなのです。

残る2人です。ピンクはおっとりしてるのを売りにしている愛されキャラです。戦場から離れた、母性とか包容力とか明るさが魅力です。

紫は太鼓持ちをすることを売りにしている愛されキャラです。人に出来ないことをするのが魅力です。

以上が僕のももクロメンバーの考察です。いかがだったでしょうか。


当ブログはご意見、賛同、疑問、質問、苦情、反論、リクエストなどいつでも幅広く受け付けております。

よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

緑ではなく赤がセンターになっている理由、本当にその通りだと思います。
センター特性、サブ特性みたいなのが生まれつきあるのでしょうね。
夏菜子はセンターになるために生まれてきたような気がします。
他アイドルでいうとAKBの前田敦子にも生まれもったせんセンターとしての適正があったのだと思います。
ポテンシャルとしてはもっと大きなものを持っているメンバーもいると思いますが、どうも前田以外がセンターだとしっくり来ないんです。
それは顔とかも関係しているんではないかと思います。(皮肉ではないです)
杏果は可愛いけど、なんかセンター顔ではない。
杏果には生まれもった脇役としての適正があったのだと思います。
インディーズデビュー後、色分けを導入し、誰がどの色か決めた人は天才だと思います。
プロフィール

わほマン

Author:わほマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
相互リンク、随時募集中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。