スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大引のFA宣言について

日本ハムの主将、大引啓次選手が移籍を目指してFA権を行使した。

大引は今年度チームの主将を任されたがうまくいかなかった。

大引は日本ハムではこの先、自分のやりたいことが出来ないと感じた。

だから、新しい環境を求めて移籍するという結論に達したようだ。


失敗の原因はどこにあるのか。

それはチームメイトから信頼を得ることが出来なかったことにあるように思う。

だから、大引はチームメイトから足を引っ張られた。

それなのに、首脳陣もフロントも大引に手を貸さなかった。

そのため、大引は主将なのに宙ぶらりんになってしまった。

どうにもならない無力感、自分の限界を感じて移籍せざるをえない状況に追い込まれた。


僕が見た感じでは、日本ハムというチームは実力主義の傾向が強い。(日本ハムに限った話ではないかもしれないが)

人柄とかは二の次で、実力派がまず存在価値を認められる感じがある。

精神的主柱である稲葉は実力派なのに、謙虚で、チームメイトに対する愛情も深い。だから尊敬を集める。

それに対して大引は、大した成績を残していないのに、口だけは達者、外様で日ハムに来てからの日も浅い。だから稲葉と同じ役割は出来ない。

キャプテンマークが付いたところで人望を得られるわけではない。

他の選手からは大引が主将をすることに拒絶反応があったのではないだろうか。

これは背景を考えると仕方のないことと言える。

しかし、キャプテンマークが付いた以上は、他の選手は大引を盛り立てる必要があったことは忘れてはいけない。


僕は大引をキャプテンにするべきではなかったと思う。

しかし、栗山監督は大引をキャプテンに選んだ。

選んだからには全面的なバックアップが必要だった。しかし、それを怠った。

なるべくしてなった、不満タラタラのFA宣言だったように思う。

日ハムフロントは大引に残留して欲しいようだが、そう思うならもっと早く手を打つべきだった。

大引としては、さながら「ベンチがアホやから野球がでけへん」と言ったところか。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

せっかく取っておきながらシーズン終盤には大引を使いたがってなかったというか、若手にシフトさせていきたい魂胆が見え隠れしていたような気がします。
多分、西川をショートにして、杉谷、谷口、岡あたりを使っていきたい、というのが本音でしょうね。
中日に行けば結構長いこと使ってもらえるのではないかと思ってます。

No title

プロならチームに食らいついていくしかないですし、大引はシーズン中はベストを尽くしたと思います。その上で環境がよくないから移りたいというのであればそれでいいと思います。FAは選手の権利なので悪く言われることがあるのは残念に思います。

控えの便利屋で終わるにはもったいない選手だと思います。環境を変えて心機一転した大引選手の活躍に期待したいです。
プロフィール

わほマン

Author:わほマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
相互リンク、随時募集中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。