スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学について

どうやら僕の編み出したと思っていた哲学は実存主義といって、あらかた20世紀に出し尽くされているらしい。

一口に哲学と言ってもいろいろな種類があるのだが、やはり実存主義的な方面の哲学にかなり自分の興味が向いているらしいことが分かった。

哲学系の新書やら、なんやら探して読んでみようと思った。

先に挙げた西部邁先生も、哲学に精通した上で、独自の哲学を持っていて、哲学者として魅力的である。

西部先生の政治思想に関して言えば、自分の育った国である日本を愛し、保守して、日本の真の意味での独立自尊を目指すという、極々普通な考え方を持っているようで、僕としては同意出来る部分が多い。真の意味での独立自尊とは、精神的、政治的、経済的、軍事的、技術的などあらゆる分野において誇りを持って、他に頼らず独り立つということである。そして日本が独立自尊するためには、日本人一人ひとりもまた独立自尊する必要があるのである。

しかし、日本人でも日本のことが嫌いという人が少なからずいる。愛した上で嫌いなのは構わないと思う。そういう人は日本の嫌なところを変えたいと思うだろう。僕も日本が改めなくてはいけないところ、日本人が改めなくてはいけないところが山ほどあると思う。

でも日本を憎んで嫌う日本人を僕は許せない。愛国心の無い人はどこか他所の国にいってしまえばいいと思う。日本人は君が代を誇りを持って歌うべきである。だから僕は、日本転覆を目論む国や、思想や、団体が嫌いです。

しかし、僕は罪を憎んで人を憎みません。例えば○○の国の人だから嫌い、○○の思想の人だから嫌いというような考え方はしないようにしています。お互いに尊重することが大切なんです。だから僕は差別主義こそが諸悪の根源だと思っています。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わほマン

Author:わほマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
相互リンク、随時募集中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。